スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考は現実化します

貴方様は、夢や目標をお持ちですか?

お持ちであれば、本気で取り組まれていますか?


軽い気持ちでチャレンジしても絶対に夢は叶いません。

絶対にまた同じ事の繰り返しになります。絶対に失敗します。


思考は現実化します。


「また失敗するんじゃないか?また同じ事の繰り返しになるんじゃないか?」と考えていたら絶対に100%の確率でその思考を現実化してしまいます。


『すべてはあなたの思い(思考)が決めます』

貴方が絶対に成功してやる、死んでも成功してやる、俺がやらないで誰がやる、俺にはできる、俺ならできる、絶対にやる!と『覚悟』をした瞬間にあなたの人生は変わり始めます。


あなたの『思考』があなたの『未来』を作るのです。

ありふれた成功法則の話に聞こえるかも知れません。

何回も聞いた事があるかも知れません。


しかし『マジ』なんです。


あなたの『信念』『思考』『現実』が100%あなたの未来を決定づけるのです。


「また失敗するかも…」と思っていれば、必ず失敗します。


多くの成功者は私が知っている以上に何度も何度も、何度も何度も、何度も何度も『失敗』しています。


私たちの想像を遥かに超えるレベルで何度も失敗しています。


あのカーネル・サンダースさんは、フライドチキンのレシピを持ち1009社に断られ1010社目にして初めて採用され、売上の一部をいただくと言う画期的な世界初のフランチャイズシステムをスタートさせました。


時に彼は、65歳を過ぎていました。


普通の人であれば絶対に諦めるくらい失敗して傷ついても彼らは何度でも立ち上がります。


だから成功できたのです。


自分を信じる者だけが成功できるのです。


『俺は絶対にやる』と覚悟をした人間だけが最後に結果を出すのです。





ブログの内容に興味のある方は、こちらまで(tametebako@gmail.com)
スポンサーサイト

餌(拘り)から手を放す

ある地域では、猿の習性を利用して猿を捕まえるのに猿の手がやっと入る穴を木に空けてそこに餌を入れておくのだそうです。

猿が餌を取るため穴の中の餌を掴むと、手が抜けなくなります。

餌を握った手を開けば、手が抜け逃げられるのに、掴んだものに執着し手を開こうとしないために捕まってしまうのだそうです。

新しいものを掴むには、時には拘りから手放す事も必要かもしれません。

貴方も、自分がその手に何を掴んでいるのか、そして、その掴んでいるものが執着(放さなければならないという意味ではありません)するのに値するのかを時には確認してみてはどうでしょうか。

『自分の限界にすぐ気を取られてしまう人は、大抵チャンスに気づくのが遅れます。』

ある著名人の方がいうには、かつて「無一文であるとは一時的な状態のことであり、貧しいとは心のありようである」と言いました。

チャンスに関しても同様のことが言えます。

チャンスを見つけるか、それとも限界に目を奪われてしまうのか、それは完全に貴方の考え方次第です。

ものの見方には、貴方の心構えが映し出されます。

自分の経験不足な部分ばかりに目を奪われていると、恐れや疑い、失敗などに悩まされてしまいます。

自分の長所に目を向けるようにすれば、勇気と自信がわき、成功が見えてきます。弱みは、仲間の長所で補えばいいのです。

自分の能力に対する疑念を払拭し、自信を育むことは、計画に基づき着実に努力することによってのみ可能なのです。

自分の能力に対する疑念が生じたら、今までに貴方が達成してきたことを思い出してみましょう。

今の状況に役立ちそうな経験を思い出し、これまで蓄積してきた知識や知恵を有効に利用すれば、克服できない限界などありません。

自分の考え方をChange!

大変なときこそ Chance!

色々な可能性を Choice!

エネルギーを Charge!



行動しなければ、何も変わりません。何と行動しようとしない人が多いことか…

私が理想とする行動の進化は、考動 → 行動 → 口動

自分を含め、皆が苦しいときこそ、行動(口動)しなければならないのではないでしょうか?

21世紀は、Hybridの時代!そしてQuattro(四輪駆動)であれば、なお良し




ブログの内容に興味のある方は、こちらまで(tametebako@gmail.com)

人生のドキュメンタリー

私は47歳までは普通の会社員でしたが、ある日、転勤を命ぜられ、何も雇われでなくても新たにビジネスを始めることも選択肢のひとつであると助言され、それを決意してから今日に至ります。

思い起こせば今から10年前のことです。

ビジネスを始めた頃は、見よう見真似の我流でやっていたため単にサラリーマン時代に染み付いた仕事の延長をしてるだけだったことに気付きました。

本来、手段として利用すべきものが気づかないうちに目的となっていました。

今では、この仕組みは仲間同士で共通の目的を叶えるための手段であると思ってます。

こんな諺があります。

アブラハム・リンカーン曰く
『人は、心の中に決めたぶんだけ幸せになっている』


今が幸せで十分と思われている方は、これ以上先を読まれても時間の無駄です。



今は、幸せだが先行き不安だとか、もう少しゆとりある生活を送りたいと思われている方は、少しだけお考えになってみては如何でしょうか?


今のご時勢、残念ながら50歳を超えてしまうと働き先はかなり条件を落とさなければ無いといっても過言ではありません。

では、どうすればいいのでしょうか?

自分の人生は、自分で決めるしかありません。

どうせ同じこと(参加することによって、精神的、経済的に負担にならないビジネス)をするのであれば、同じ価値観や志をもつ仲間を見つけ、助け合いながら目的地を目指すのが近道なのかもしれません。

夢(目標)を身近なものに例えると、ジグソーパズルのようなものかもしれませんね。

早く夢(目標)を叶えたいなら、同じ目的意識を持つ方を見つけ夢(目標)を共有することです。

仕組みが、良い悪いは別にして、このブログで紹介していなかったとしたら果たして貴方様は一生めぐり合えていなかった情報であったかもしれません。しかし、目撃してしまったのです。あとは、貴方様の考え方一つです。


こんな諺があります。
『自分の限界にすぐ気を取られてしまう人は、大抵チャンスに気づくのが遅れます。』



多かれ少なかれ、皆、今より自由で時間に拘束されない生活ができればいいと思っているのではないでしょうか。

そのためには、どこか(動けるうちに)で集中して、今からでも金のなる樹(収入源)を植えた方がいいのではないでしょうか。

新しい収入源を得るということは、経済的なライフラインを追加することと同じです。





よく、電気・水道・ガス・道路などがライフラインとして呼ばれていますが、"経済にもライフライン"が必要な時代にきていることにそろそろお気づきになるべきだと思います。

これまで常識と思われていた、終身雇用は崩壊しようとしています。

そして、年金問題もどうなるか解かりません。介護保険は、高くせざるを得ないのは避けられないことでしょう。

ご自分の将来をいつまでも社会制度だけに依りかかるのではなく、将来の不安を補完するために、その時代の背景(要請)にあったものが生まれてきても決して不思議ではありません。


現状に流されるのではなく、3年後、5年後、10年後の自分の姿を考えたとき、ひょっとして”チャンスが見え始める”かもしれません……


ここでいうチャンスとは、9つの点を4本の直線の一筆書きで結ぶ小学生向けの問題です。9個の枠からはみ出さなけば結べません。大人になると、この枠からはみ出せないのです。



ビジネスとは、将来を予測し、それを実現することを自分自身にコミットすることです。


そうすることにより、何をしなければならないかが、おのずと見えてくるのではないでしょうか?


このビジネスは、怪しいとか儲からないとかよく耳にしますが、何よりも大切なことは正しく理解することだと思います。


全てのビジネスは、結果がでなければ評価のしようがありません。


今、このブログを読まれている方に一つお聞きします。社長になられたことがありますか?

それとも社長さんですか?

普通の仕事(Job)は、時間の対価として給料を手にしています。

社長さんでなかったとしたら、ご自分が社長になったつもりでビジネスに参加し、その分身(社長さんの分身)に働かせれば効率が上がるとお思いになりませんか?

参加するだけの簡単なことです。奥さんにでもできることだと思います。



自分の時間をお金に換えるのが当たり前と思い込んでいるから、何も見えないのでしょうか?


いいえ、それは違います。


時間給と適性を優先して仕事を選らんでいるから見えてないのだと思います。


何故ならそのように教えられて育ち、周りがそのようにしてて確実だと思っているからではないでしょうか?




ブログの内容に興味のある方は、こちらまで(tametebako@gmail.com)

プロフィール

魔法の貯めて箱

Author:魔法の貯めて箱
 
 
はじめまして、このプログは、私のものの考え方について制作したものです。


価値を創造し、感動を伝える。


『幸福を分かち合えば、減るどころかさらに増大します。
幸福は、人に与えてこそ増大する財産です。』

・人生において最も素晴らしいご褒美は、蓄積された金銭的な財産ではなく、"人の役に立つことができたという精神的な満足感”から得られるものです。

・人生で最も良いものを手に入れる人とは、“相手に満足をもたらすと同時に、自分自身にも成果をもたらすサービスを提供する方法“を見出した人です。

・「貴方と取引して良かった」と喜んでもらえるようになろうという決意と豊かな心を持って志事(しごと)に取り組めば、成果は自然についてくるのではないでしょうか。



こんな諺があります。

『自分の限界にすぐ気を取られてしまう人は、大抵チャンスに気づくのが遅れます。』

ある著名人の方がいうには、かつて「無一文であるとは一時的な状態のことであり、貧しいとは心のありようである」と言いました。

チャンスに関しても同様のことが言えます。

チャンスを見つけるか、それとも限界に目を奪われてしまうのか、それは完全に貴方の考え方次第です。

ものの見方には、貴方の心構えが映し出されます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バナー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。