スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌(拘り)から手を放す

ある地域では、猿の習性を利用して猿を捕まえるのに猿の手がやっと入る穴を木に空けてそこに餌を入れておくのだそうです。

猿が餌を取るため穴の中の餌を掴むと、手が抜けなくなります。

餌を握った手を開けば、手が抜け逃げられるのに、掴んだものに執着し手を開こうとしないために捕まってしまうのだそうです。

新しいものを掴むには、時には拘りから手放す事も必要かもしれません。

貴方も、自分がその手に何を掴んでいるのか、そして、その掴んでいるものが執着(放さなければならないという意味ではありません)するのに値するのかを時には確認してみてはどうでしょうか。

『自分の限界にすぐ気を取られてしまう人は、大抵チャンスに気づくのが遅れます。』

ある著名人の方がいうには、かつて「無一文であるとは一時的な状態のことであり、貧しいとは心のありようである」と言いました。

チャンスに関しても同様のことが言えます。

チャンスを見つけるか、それとも限界に目を奪われてしまうのか、それは完全に貴方の考え方次第です。

ものの見方には、貴方の心構えが映し出されます。

自分の経験不足な部分ばかりに目を奪われていると、恐れや疑い、失敗などに悩まされてしまいます。

自分の長所に目を向けるようにすれば、勇気と自信がわき、成功が見えてきます。弱みは、仲間の長所で補えばいいのです。

自分の能力に対する疑念を払拭し、自信を育むことは、計画に基づき着実に努力することによってのみ可能なのです。

自分の能力に対する疑念が生じたら、今までに貴方が達成してきたことを思い出してみましょう。

今の状況に役立ちそうな経験を思い出し、これまで蓄積してきた知識や知恵を有効に利用すれば、克服できない限界などありません。

自分の考え方をChange!

大変なときこそ Chance!

色々な可能性を Choice!

エネルギーを Charge!



行動しなければ、何も変わりません。何と行動しようとしない人が多いことか…

私が理想とする行動の進化は、考動 → 行動 → 口動

自分を含め、皆が苦しいときこそ、行動(口動)しなければならないのではないでしょうか?

21世紀は、Hybridの時代!そしてQuattro(四輪駆動)であれば、なお良し




ブログの内容に興味のある方は、こちらまで(tametebako@gmail.com)
スポンサーサイト
プロフィール

魔法の貯めて箱

Author:魔法の貯めて箱
 
 
はじめまして、このプログは、私のものの考え方について制作したものです。


価値を創造し、感動を伝える。


『幸福を分かち合えば、減るどころかさらに増大します。
幸福は、人に与えてこそ増大する財産です。』

・人生において最も素晴らしいご褒美は、蓄積された金銭的な財産ではなく、"人の役に立つことができたという精神的な満足感”から得られるものです。

・人生で最も良いものを手に入れる人とは、“相手に満足をもたらすと同時に、自分自身にも成果をもたらすサービスを提供する方法“を見出した人です。

・「貴方と取引して良かった」と喜んでもらえるようになろうという決意と豊かな心を持って志事(しごと)に取り組めば、成果は自然についてくるのではないでしょうか。



こんな諺があります。

『自分の限界にすぐ気を取られてしまう人は、大抵チャンスに気づくのが遅れます。』

ある著名人の方がいうには、かつて「無一文であるとは一時的な状態のことであり、貧しいとは心のありようである」と言いました。

チャンスに関しても同様のことが言えます。

チャンスを見つけるか、それとも限界に目を奪われてしまうのか、それは完全に貴方の考え方次第です。

ものの見方には、貴方の心構えが映し出されます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バナー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。